妊娠初期からのつわりの対処方法

頭がぐるぐる回る・・・


妊娠超初期段階から私はつわりがありました。二日酔いみたいな状態で、常に気持ちが悪く、横になっていても頭がぐるぐると回っているような状態でした。その気持ち悪さは、何か口にするとすこしは解消されましたが、何も食べなければ、また気持ち悪い状態に戻っていました。

 

なので、ずっと口の中に何か入れている状態でした。
しかし、基本的に妊婦はあまり太りすぎてもいけないと聞いていたので、体重増加も気にしながらの食べつわりに対応しないといけないのが、とても大変でした。

 

また、家にいる時は特に気にはなりませんが、私は妊娠8カ月まで仕事をしていたので、仕事の最中の食べつわりは正直きつかったです。
しかも、私は管理職でマネージャーをしており、仕事中の態度は部下の教育に影響が出てはいけないので、極力食べ物を口にすることを控える事が本当につらかったです。

 

仕事は企画職でパソコンでの作業が主なので、パソコンとむきあっている最中も頭はぐるぐる回っていて、正直仕事どころではなかったです。

みんなの理解って大切だよね


仕事中に起こる食べつわりに関して、超初期段階では頑張って我慢して、水筒を持参して出勤していたので、ひたすら飲み物を飲んで気分を紛らわせていました。
そのせいもあって、ただでさえ妊婦はトイレに行く回数が増えるのに、私はひどい時では30分から1時間ごとにトイレに行っていました。

 

また、つわりは安定期に入る5カ月くらいまで続きましたが、妊娠初期から中期の時期にかけて、どんどんつわりがひどくなったので、仕事中でも部下や上司に事情を説明して、理解をしてもらったうえで仕事中でも色々と口にしていました。

 

しかし、あくまでも仕事中であることと体重増加、赤ちゃんへの栄養なども考慮して、口にする物は小魚の入ったカルシウムたっぷりのおやつや、スルメ、乾燥わかめなどを食べていました。

 

小さく切って周りからあまり気にならない程度の大きさにして、こっそりと食べていました。
そうすることで、何とか仕事もこなせ予定通り8カ月まで働けて、無事に出産出来ました。

 

まわりの人たちの理解に感謝しています。

こんな記事も読まれています